子育て

数字はいつから教えるの?お金をかけずに日常生活から子どもに数字を教える方法

子どもがお話できるようになってくると

数字やひらがなはいつから教えるの?

どうやって教えたらいいんだろう?

と悩みも出てきますよね。

息子は2歳前には10まで数える事ができ、
3歳の頃には数を読む事ができていました。

あやか
知育おもちゃや教材などお金をかけずに、日常生活から子どもに数字を教えられたら・・・

わかります!!
小さい子どもには教材を購入しても興味を持たず、もったいない思いをすることもありますよね。
そんなあなたにわたしが日々の生活のなかで、息子に数字を教えてきた方法をお伝えします!

数への興味

1番大事なのは
数への興味を持たせる事です。

定番ではありますが、
お風呂からあがるときは数を数えていました。
これを習慣化する事が大切です。

お風呂って赤ちゃんから入りますよね。
これは今日からでも行うことができると思います!

また赤ちゃんから数に触れられる方法は他にもあります。

・手の指の数を数える
・ギューとしながら10まで数える

息子が大好きだったのは
足の指を数えて、5や10を数え終わったらこちょこちょする遊びです。

あやか
子どもとのスキンシップも取りながら 数に興味をもってもらえるのでオススメです。

一緒に数字を数えてみる

数って色んなものを使って数えられます。

子どもって真似っこが上手じゃないですか?

おもちゃの数
お菓子の数
〇〇ちゃんの目は1・2
ママの目は何個?
と一緒に遊びながら数に触れることができます。

何度も数を数えていると不思議と自然に真似してくれました。

数字を読んでみる

お絵かき帳やノート、チラシの裏でもどこでもいいので
できるだけ大きめに数字を書きます。

そこにおもちゃをおいて遊んでみたり
指をさして数を数えてみたり。

お金をかけなくても
数字を読む機会は作ってあげられます。

お散歩をしながら数字を探してみよう!

普段生活しているとあまり気にしないと思いますが
外に出ると数字がたくさんあります。

公園に行くと住所が書いてあったり
信号で止まっている車のナンバー、バスや地下鉄の乗り場など。

お出かけする時には
息子と一緒にゲーム感覚で数字を一緒に探していました。

また公園にあるどんぐりの数を数えたり
滑り台の階段を数えながら登ると一緒に遊びながら数に触れることができますよ!

数字はいつから教えるの?

子どもが大きくなると
・勉強ができるようになってほしい
・周りのお友だちができているから焦ってしまう
など不安や悩みも出てきますよね。

教えよう!!と意気込むと
子どもができない事にイライラしてしまったり「なんでできないの?」と焦ってしまうこともあると思います。

あやか
子どもは遊ぶのが大好きです。 遊びながら覚えてくれたら一緒に楽しみながら教えることができます。

今回はお金をかけずに日常生活から子どもに数字を教える方法をご紹介しました。

何歳からでも始められるので参考にしていただけたら嬉しいです!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あやか

北海道札幌在住。フルタイム勤務・音楽関係のバイトを掛け持ちしているシングルマザー。息子と共にたくさんの事に挑戦しながら、時間と場所に縛られないノマド生活を目指し、ブログを始めました。 毎日を必死に頑張るシングルマザーや子育てに奮闘中のママが抱える悩みを少しでも解決出来たらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら

-子育て
-, ,

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.