絵本

孫へのプレゼントには絵本がオススメ!絵本がママに喜ばれる理由とは?

2020年1月9日

誕生日やクリスマス、様々な行事がある中で
普段あまり顔を合わせる事の少ないお孫さんへのプレゼントに迷う事あるのではないでしょうか。

わたしと息子が実際にもらって嬉しいプレゼントは「絵本」です。

今回は、なぜプレゼントには「絵本」がオススメなのか。
その理由をお伝えしていきます。

プレゼントに絵本が人気な理由

息子にも毎日絵本の読み聞かせをしていますが
主人公の気持ちを考えたり、絵本から嬉しい気持ちや悲しい気持ち、思いやりを学んでくれているように感じます。

あやか
わたしは息子がお腹の中にいるときから絵本を読んであげていました!生まれてからは子守歌の代わりに絵本の読み聞かせをしています。

絵本以外にも
流行りのおもちゃやキャラクターものはとても喜ばれます。
ただ、ひと通り遊んだら飽きてしまうのも早いです。
最初は夢中で遊んでいたけれど、そのうち部屋の片隅に…というのは珍しいことではありません。

同じ絵本を毎日は読まないかもしれませんが

・寝かしつけの時
・夕飯作りを待っている間
・電車やバス、飛行機の中
・チャイルドシートに乗せている時
・遊びを終わりにしたい時

今わたしが思いつくだけでも、ママが助かる場面はたくさんあります。

お孫さんにはもちろん
絵本は、ママにも喜ばれる人気なプレゼントです。

喜ばれる絵本の選び方

月齢やシーンによっても異なりますが
それぞれに合った絵本選びが必要になります。

たとえば、0歳の赤ちゃんであれば
何でも口に入れていまったり、絵本を渡してもやぶっってしまうこともあるので
布絵本や厚紙でできているボードブックがオススメです。

1、2歳の子は
言葉を真似して覚えたり、音やリズムを楽しめたり、ストーリー性のある絵本でも楽しむことができます。

3歳になると
文字や物にみずから興味をもつことが多くなるので
「あいうえお」やクリスマス・節分などのイベントや昔ながらの行事を教えてあげる事もできます。

あやか
息子は恐竜や虫が大好きなので、クリスマスや誕生日のプレゼントには図鑑を欲しがります。

シーン別のオススメの絵本

出産祝いにオススメの絵本

わたしが友人・家族の出産祝いに渡して好評だった絵本を紹介します。

赤ちゃんが大すきな擬音語が楽しい「オノマトペ」の絵本や
厚紙でできているボードブックを選ぶようにしています。

お座りやあんよが出来るようになった子にオススメの絵本

保育士をしている時に
子どもたちからとても人気があった絵本を紹介します。

「物語を読む」より絵本の中に子どもが入っていけるような絵本がオススメです。

お話が少し理解できるようになってきたころにオススメの絵本

日常に必要なあいさつやはみがき・ごはんなども
絵本から教えてあげる事もできます。

「絵本で見た」と子どももやる気になってくれるはずです。

色んなことに興味を持ち始めるころにオススメの絵本

ことばや動物、保育園のお友だちなどたくさんのものに興味を持ち始めた時に
読んでいた絵本を紹介します。

お歌が大すきな子にオススメの絵本

誰もが知っている童謡が絵本になっていたり
ロングセラー絵本「はらぺこあおむし」の歌もあるんです。

息子は一緒に歌いながら見るのが大すきで
内容を覚えてしまうほどたくさん読んでいました。

絵本は最適なプレゼント

絵本が子どもたちの想像力や集中力、語彙力を育ててくれるのはもちろんですが
渡すだけではなく、読んであげることができる絵本は
お孫さんと触れ合える最適なプレゼントです。

わたしは実家から自分が幼い頃に読んでいた絵本が30冊以上ありますが
今もまだ新しい絵本は増え続けています。

それだけ息子は絵本が大すきになってくれました。

赤ちゃんの頃に読んであげていた絵本を
自分で読もうと1文字1文字ひらがなのお勉強もしてくれるようになったのも

恐竜が大すきでわたしより種類を覚えているのも

絵本のおかげです。

あやか
お孫さんへ渡した絵本は、その時だけではなく 長く気に入ってもらえるプレゼントになるはずです。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あやか

北海道札幌在住。フルタイム勤務・音楽関係のバイトを掛け持ちしているシングルマザー。息子と共にたくさんの事に挑戦しながら、時間と場所に縛られないノマド生活を目指し、ブログを始めました。 毎日を必死に頑張るシングルマザーや子育てに奮闘中のママが抱える悩みを少しでも解決出来たらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら

-絵本
-, , , ,

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.