子育て

保育園見学はまだ遅くない

2019年11月2日

去年の今頃、私も保育園探しに奮闘していました。

1歳から小規模認可園に通っていた息子でしたが、3歳児からは保育園を転園しないといけませんでした。

今もまだ保育園選びに迷っている方がいたら参考になればと思います☺

保育園見学は必要?

初めて保育園に通うお子さんを持つ保護者の方は特に、不安もたくさんだと思います。結果から申し上げると、見学はした方がいいです!

今は待機児童の問題もあり、保育園に入りにくい状況にあります。入る事が出来ればどこでもいい。と思われている方もいらっしゃるとは思いますが、ホームページやパンフレットと実際の雰囲気は違う事が多いです。

まだ入園希望を出すまで時間がある方は、希望の保育園はすべて見学に行っておくと安心かなと思います。

見学時期

私は元々保育士をしていました。働いていた時には、妊娠中のママさんも見学にいらっしゃってました。もしすぐにお仕事に復帰されたい方や産休中で復帰時期が決まっている方は、妊娠中に見学するのがおすすめです。

何故なら産まれてからだと、なかなか時間を作れなかったり、赤ちゃん連れで出かけるのも大変だからです。また赤ちゃんの間は、母子ともに体調を崩しやすかったりするので、予定をキャンセルせざるを得ない時もあります。

1人で動ける時期に、準備出来る事を済ませておくと、気持ち的にも余裕を持って見学出来るかもしれません。

お子さんが生まれてから見学に行かれる方は、お子さんと一緒に見学される方もいらっしゃいました。 私が働いていた園は、保護者の方が保育士と話している間、見学に来てくれたお子さんは在園児と一緒に遊んでもらってました。

実際に園児の中に入って遊んでいる姿を見られたり、保育士との関わりを見ていただくためにその様な対応をさせていただいてましたが、園によっては、話を聞いてる間、同室に一緒にいなくてはいけない園もあると思います。

ただ一緒に見学すると、園児の中で遊ぶチャンスがなくても、我が子に対する保育士の対応を見る事は出来るのでおすすめです。

園の様子が見られる時間帯

保育園側から時間を指定されることもあるので、その場合は従わなくてはいけませんが、もし希望を聞いてくれるのであれば、午前の活動は午前10時頃にしている園が多いです。

保育園で過ごす時間には、"この時間には何をするか"が決められています。

今日は公園に行きました。〇〇を制作をしました。〇〇をして遊びました。

という、"その日に何をするか"

を設定する保育時間(遊び)があります。その設定保育の時間がだいたい10時頃から始まる園が多いので、そのくらいの時間に見学されると、園児が遊んでいる様子が見られます。

また給食の時間帯も、どのように園児が食事をしているのか見られるので、どのような場面を見学したいかで、時間帯を選んでいる方もいましたよ。

見学に行くまで

見学希望の園には、電話で予約を取る必要があります。園によっては、見学日を設定している園もありますし、個別に対応してくれる園がありますので、まずは電話で確認していただくのがいいと思います。

入園するには見学が必須条件の園もあるので、区役所等の保育園手続きをする窓口に前もって聞いてみると教えてくれました。

また、見学に行く前に聞いておきたい事や気になる事をメモしておくと、不安な事も忘れずに聞くことが出来ますよ☺

小規模認可園

小規模認可園とは0歳児から2歳児までが通える保育園です。
小規模保育園に通っていると、受入年齢が上限に達したとして卒園とともに点数が加点されるのですが、小規模保育園が増えた現在は、3歳児の入園希望者がとても多いそうです。

ただ小規模認可園には、卒園後に数名受け入れてくれるように枠を設けてくれている保育園や幼稚園がある場合があります。

私は小規模認可を卒園時の加点がありましたが、1度落選しました。

卒園と同時に引っ越しをしたので、卒園後受入をしてくれる園に応募しなかった事もありましたが、小規模認可を選択肢に入れてる方は、3歳児以降の転園の事も確認しておくと、2度目の保育園選びが少し楽かもしれません。

認可保育園

認可保育園は、 国が定めた認可基準(施設の広さ、保育士等の職員数、給食設備など)をクリアし、都道府県知事に認可された施設で、0歳児から5歳児まで通えます。

保育園の特徴として、クラスでの保育が中心とされている園と、縦割り保育という同月齢以外の園児と過ごす保育を中心にしている保育園があります。

息子が通っている保育園は、縦割り保育中心の園ですが、お子さんによっては大人数で遊ぶより、少人数のクラスの中で静かに遊ぶ事を好む子もいますので、前もってどのような保育体制なのか下調べしておくと、お子さんに合った保育園を絞るきっかけになるかなと思います。

無認可保育園

無認可保育園は、 "上記内容が認可されていない保育園"ではありますが、24時間保育をしていたり、オプションでいろんな習い事ができるような人気園もあります。

息子の初めての保育園が無認可保育園でしたが、元々幼稚園の先生をしていた方が多数いる園で、制作の時間とお外で遊ぶ時間の静と動をバランス良く取り入れてくれたり、外国人の英語の先生が来てくれたりと、息子も楽しそうに過ごしてくれていました。

ただ認可園との違いは、保育料が一律なので高く感じられる方もいるので、料金設定も確認が必要です。

見学に行けない方必見

どうしても園の見学に行けないという方もいらっしゃいますよね。実は私も希望していた保育園と仕事の都合が合わず、見学に行けませんでした。

そんな私が1番おすすめするのは、

入園を希望している保育園に電話をし、よく園児を連れて行く公園を聞く!

です。

保育園見学は、あくまでも園内の見学です。見学の日にちが合わなかったこともありましたが、私が1番気になっていたのは、外遊びの様子だったので、"園見学"ではなく、保育園に聞いた公園に子どもを連れて遊びに行きました。

実際に見学ではないため、1番普段の様子を見られるのが外遊びの時間なんです。私はそこで保育士の子どもとの関わり方や園児の遊び方を見る事が出来ました。

ただ、よく行く公園だけ聞くと不審ですので(笑)

見学に行けない旨と、電話で聞きたいことをまとめ、その中の一つにしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

お子さんを保育園に預ける際に、何が1番不安か。何を見学したいか。入園してから後悔しないためにも、入園前に不安は取り除いてくださいね☺

お子さんが毎日通う保育園です。お子さんにも家族にも合った保育園が見つかりますように✨

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あやか

北海道札幌在住。フルタイム勤務・音楽関係のバイトを掛け持ちしているシングルマザー。息子と共にたくさんの事に挑戦しながら、時間と場所に縛られないノマド生活を目指し、ブログを始めました。 毎日を必死に頑張るシングルマザーや子育てに奮闘中のママが抱える悩みを少しでも解決出来たらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら

-子育て
-, ,

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.